料理教室

2012年12月8日(土)14時半から、ジロドーセンター(Centre Giraudeau)にて、料理教室を開きました。
今回のテーマはこちら。
「いろんなお寿司と抹茶寒天」です。
DSCN2829.jpg
フランスではお寿司がとても流行っていて、興味のあるテーマという事でたくさんの応募がありました。
お米を研ぐところから説明をしましたよ。
自宅で既に作った事がある、という女性もいて、「赤ちゃん泣いてもふたとるなというんですよね?」ととても詳しくてびっくり。
聞くと、前回の私達補習校のお寿司教室に参加されてて、その時講師をした日本人ママさんから教わったそうです。

写真は、寿司酢を炊きあがったご飯に混ぜてうちわで冷ましているところです。
珍しがって、みなさんでうちわを体験中。笑
DSCN2830.jpg
フランスでは裏巻きがとても人気だとか。
まきすの上に置いた海苔の上に酢飯を広げごまをふったら、一気に裏返すのですが、まきすがずれないように、お友達が手を貸してあげているところです。
美しい協力体制ですね!
DSCN2831.jpg
かっぱ巻きに裏巻き、色とりどりの手鞠寿司に、にぎり寿司いろいろ、それから押し寿司も(残念ながら写真は失念しました!)作りました。
生のお魚が入手しにくいので、お野菜のお寿司を提案しました。
例えば、まぐろに見えるのは赤ピーマンの湯むき、それから、マッシュルームの軍艦巻きは特に好評でした。
(写真をクリックしていただいたらもっと大きな画像が現れます)
DSCN2837.jpg
こちら、手鞠寿司も珍しがられて好評でした。こちらトゥールでもあちこちにお寿司を食べさせるレストランができていますが、手鞠寿司は無いのではないでしょうか!?
甘酢に漬けておいた薄切りのにんじんやラディッシュなどを花や葉っぱなどの形に型抜きし、飾りに使いました。
DSCN2832.jpg
作った後は試食会。一番の楽しみの時間ですね。
参加者のみなさんは、握りや巻き以外のお寿司も体験できて、大変満足そうな様子でした。
DSCN2838.jpg
ご飯を炊いている間に、抹茶の寒天も作りましたよ。
後日参加者の一人に偶然お会いしましたら、早速抹茶を購入されたようで、お友達とおさらい会をする、とおっしゃっていただきました。
DSCN2817.jpg

次回のお料理教室は2013年2月9日。今回の参加者の方のうち何名かはもう既に楽しみに待っておられるそうですよ。
スポンサーサイト